読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterの、分からん人。

イラストアカウントについて…

女の子の顔だけ描いたものを、

しかも失敗した部分を文房具で隠して撮った写真を

何度も何度もリツイートでまわすアカウントさんがいる。

 

この行為は何が目的なんでしょうね?

何かの宣伝なのか、それとも何かの信号のサブリミナルなのか。なんだか物騒です。

 

絵のプロじゃなくても、描いた絵を語れる人になろう。

ただ単に絵の説明ではなく、〇〇をこめた絵って言えるような絵を。

 

じゃないと、格好悪いです。

Twitterでは、私は「語れる人」によくコメントをつけます。

不思議と、彼らは「語れる人」だけあって色々と考え深いコメントやユーモアあふれるコメントを返してくれます。

私が考えるに、彼らこそ大人の絵描き。

直立や胸から上までの人間を描いた絵を「見て見て!」と言うかのごとく広めまくる人は

未熟な、子供の絵描きです。

いや、子供の方が断然良い。そこには感情があるし挑戦もあるから。

(この間気づいたのは絵って上手くなればなる程

挑戦しなくなるんですね。頭の中のルールに縛られて開拓をしなくなる傾向がある)

 

 

あと、誰に強いられるでもなく「1日1絵」をやってる人。

またもや真っ白な中に立ってるだけの女の子が何かを言っている。吹き出しの中は日によって違い

なにやら漫画から抜き出したような言葉が入れてある。

こういう絵を「1日1絵」する事に何の意味があるんでしょうか?

もしかして「描き続けると画力が上がる」と思っているならそれは大きな間違い。

変わるのは画力じゃなく「描くスピード」くらいです。

 

SNSに何アップしても自由だ、という半ば捨てばちな理論は置いておいて

〇〇をこめた絵じゃないイラストはそっと手帳の隅に貼っておくか、ブログのおまけにつけておいて

人に見せる絵はもっとちゃんとした絵にしよう。