読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の創作物に萌える

前の記事にのせようとして忘れてた絵を。

パーフェクト・カスケイド以外の絵です。

f:id:minazoko55:20161010100908j:image

メタルギアソリッド」の雷電さんです。

上のスペイン人風衣装は「メタルギアライジング」のみの衣装かな?

 

雷電さんを、格好良く描かないコンセプトで

描きました。

そもそも、あんま格好良く描こうとすると

上手くいかない事が多いから、しょっぱなから

格好悪く…くらいの心意気で描きました。

悪意はないよ、雷電さん好きだから。

 

知識がなくて、最近まで

メロンの種類に「らいでんメロン」っていうのがあることを知らなかったんですが

バー〇ヤンのメニュで見て知りました。

そんで脳裏に浮かんだのは上の絵でした。

 

 

 

f:id:minazoko55:20161010102515j:image

続いて、立向居勇気こと、たちむー。

たちむーといえば「ムゲン・ザ・ハンド」

「ムゲン・ザ・ハンド」といえばたちむーです。

 

そんな固定概念にとらわれ「ムゲン・ザ・ハンド」ばかり描き続ける私は

ワンパターンマン…略してワンパマン。

↑このつぶやきと共にtwitterにあげました。

 

 

たちむー「このクーポン使えますか!?」

 

ファミレスとかコンビニのクーポンって

使えるところが割とシビアですよね。

「この店舗でしか使えない」とか

「お一人様1枚まで」とか。

イナズマの世界では、そのへんどうなんでしょう?

超次元サッカーがある世界ですから、

この「ムゲン・ザ・クーポン」も使えるのかな?

 

 

 

f:id:minazoko55:20161010103431p:image

これはtwitterのお友達に送った絵です。

上部分はその人の名前が入ってるから、モザイクをかけました。

尾刈斗イレブン、全員描いてないけど

描くの楽しかったです。

好きなのはGKの鉈十三(なた じゅうぞう)君。

(この絵でいうと、右足にしがみ付いている彼のことです。)

外見すごいホラーなのに、シュート決めた時の

「アンビリバボ!」ってノリが意外と軽くて好き。

ゲームの方はもう、しばらくプレイしてないから

実際彼がどうコメントするのか失念してしまったけど、確かそんなコメントしたんじゃないかな…

 

 

 

 

で、題名の「自分の創作物に萌える」だけど

これは、私が大好きな作家さん

長野まゆみ女史に関するウェブの書き込みを見て思いつきました。

事実は分かりませんが、書き込みをしていた人が

長野まゆみって、自分の作ったキャラに萌えてるって噂があって、それを知った瞬間

すごい萎えた。気持ち悪い。」

と言っていました。

 

 

これは大衆的に、どう思われるんだろう?

やっぱり「気持ち悪い」と思われるのか。

「気持ち悪い」とまでは思わなくとも、作品を読む際気持ちが萎えてしまうのか。

 

 

 

私の場合、コメントを書いた人とは逆に

「マジで!?長野まゆみ女史の作品に登場するキャラクター達は作者に萌えられてるの!

こりゃ気の抜けた態度で読めない!しっかり読まな!」

ってなりますね。

作者の長野まゆみ女史に萌えられるキャラクター達ですよ…

これは「作者に愛されてる」って事とイコールだと思うのです。

その作品を読める我々読者は幸せですよね。

そういう考え方です、わたしは。

 

 

一般に売られている本のあとがき等で「この作品、とても頑張って書きました」って書かれているものが好きです。

 

それは、SNSに絵を上げている私や

他にも同じ活動をしている方達にも同じ事が言えると思います。

「汚い絵です」「下手くそですみません」

「これごときの絵、見てもらえるかな」

とか、作者に言われている絵ってどうでしょう?

 

 

私は、どんなに上手い絵でも

このようなコメントがついている絵は評価をしませんし、そもそも見ません。

見る価値がないからです。

絵に価値がないわけではありません。その絵を描いてSNSに上げている人の意識が、評価に値しないんです。

そういう絵は見るだけ時間の無駄です。

 

 

 

逆に、どんなにデッサンの狂った絵でも

未熟な絵でも

「一生懸命描きました」とか「じっくり時間かけました」ってコメントをつけられた絵は

とっても魅力的。

「この線1つ1つに作者の愛情がつまってるんだ」

って、とても貴重なものを見ている気分になります。

気分…じゃなく

事実大切なものを見ているんです。

 

 

だから

「自分の創作物に萌える」ってとてもすごい事。気分が萎えたりなんてしませんよ。

親の愛情をたっぷり受けて育った子がすごく可愛いように、作者の愛情をたっぷり受けた絵は

素晴らしいんです。

 

 

…という事が言いたかった。